将棋の神様〜0と1の世界〜

「三間飛車のひとくちメモ」管理人、兼「フラ盤」&「チェスクロイド」作者がおくる、将棋コラム

Android向け対局時計アプリ「チェスクロイド」をAndroid Marketに登録しました

完成


「Android向け対局時計アプリ開発中(1)」「(2)」と開発過程を紹介してきましたが、このたび正式にAndroid Marketに登録しました。
Android端末向けなので、例えば現時点でいえばNTT docomoXperiaSoftbankのHTC Desireなどで使えます。(iPhoneiPadでは使えません。)




将棋や囲碁、チェスなどボードゲームだけでなく、トランプや花札などいろいろなゲームでご活用下さい。無料です。

特徴

  • かんたんスタート
    • 左側をタップすると右側、右側をタップすると左側のカウントが始まります。どちら側を先手にするかの設定は不要です。
  • 5つの持ち時間ルールに対応
    • フィッシャー/ブロンシュタイン/シンプルディレイ/砂時計/秒読みに対応しています。もちろん最も単純な切れ負け(サドンデス)も可能です。それぞれのルールの意味については「ボードゲームにおける持ち時間のルールまとめ」などを参照下さい。
  • 持ち時間設定
    • 0分から90分まで設定可能です(10分以降は5分刻みとしています)。
  • ディレイ(秒読み)設定
    • 0秒(切れ負け)から60秒まで設定可能です。
  • サウンド設定
    • 手番変更時のサウンドのオン/オフと、ラストカウントダウン時のサウンドのオン/オフの設定が可能です。
  • 背景の変更
    • 本アプリの特徴として、左側を黒背景、右側を白背景としたデザインが挙げられますが、左側を白背景、右側を黒背景に入れ替えることも可能です。
  • 手数カウント方式の設定
    • 将棋のように1人が着手するごとに手数をカウントする方式と、チェスのように2人が着手すると手数をカウントする方式*1の2つから選ぶことができます。
  • 英語対応
    • Android端末の言語設定を英語にすると、アプリ内の用語が英語表記になります。

設定画面はこんな↓感じです。

注意点

Androidは海外ユーザーが多いことを考慮し、持ち時間ルール設定の初期値をフィッシャー、手数カウント方式設定の初期値をチェス方式としています。
将棋や囲碁で一般的な持ち時間ルールと手数カウント方式にするには、Settingsメニューのルール設定で「秒読み」を選び、手数カウントで「2人あわせた手数を表示」を選んでください。

*1:厳密に言えば、それぞれのプレーヤーが個別に手数カウンターを持つ方式です。