将棋の神様〜0と1の世界〜

「三間飛車のひとくちメモ」管理人、兼「フラ盤」&「チェスクロイド」作者がおくる、将棋コラム

続々・月度レーティング十傑平均

2004年5月のひとくちコラム「月度レーティング十傑平均」および2005年5月のひとくちコラム「続・月度レーティング十傑平均」に続き、およそ2年振りに将棋倶楽部24月度レーティング十傑の平均データをグラフ化してみた。まず、データは下記の通り。

  • 2002年

    • 8月 2717.5
    • 9月 2712.3
    • 10月 2714.7
    • 11月 2723.5
    • 12月 2733.7
  • 2003年

    • 1月 2737.0
    • 2月 2748.5
    • 3月 2751.2
    • 4月 2710.0
    • 5月 2710.8
    • 6月 2721.5
    • 7月 2729.3
    • 8月 2734.1
    • 9月 2762.5
    • 10月 2765.0
    • 11月 2743.3
    • 12月 2747.3
  • 2004年

    • 1月 2776.5
    • 2月 2802.5
    • 3月 2778.8
    • 4月 2809.5
    • 5月 2800.5
    • 6月 2801.2
    • 7月 2800.0
    • 8月 2790.3
    • 9月 2822.2
    • 10月 2778.2
    • 11月 2801.1
    • 12月 2809.8
  • 2005年

    • 1月 2820.9
    • 2月 2793.6
    • 3月 2816.9
    • 4月 2800.9
    • 5月 2866.7
    • 6月 2859.2
    • 7月 2827.7
    • 8月 2857.0
    • 9月 2896.0
    • 10月 2864.7
    • 11月 2845.2
    • 12月 2809.0
  • 2006年

    • 1月 2817.8
    • 2月 2831.2
    • 3月 2849.0
    • 4月 2871.2
    • 5月 2844.9
    • 6月 2837.0
    • 7月 2846.9
    • 8月 2839.6
    • 9月 2824.3
    • 10月 2839.4
    • 11月 2902.7
    • 12月 2858.4
  • 2007年

    • 1月 2878.6
    • 2月 2850.8

グラフは以下の通り。

2005年10月のひとくちコラム「月度レーティング十傑・2005年9月分」で述べたように、2005年9月の十傑平均が2896となったときは驚いたし予測が狂い掛けたが、その後は落ち着いている。
結果的には「続・月度レーティング十傑平均」で述べたように、「グラフの傾向から、2900に到達するのは2007年9月頃」となりそうだ。瞬間最大値としては2006年11月についに2900を越えた(!)が、平均をとると現在の傾向は2870くらいであると見てとれる。