将棋の神様〜0と1の世界〜

「三間飛車のひとくちメモ」管理人、兼「フラ盤」&「チェスクロイド」作者がおくる、将棋コラム

「Binary Hacks」の表紙に、囲碁盤が描かれている

2006/11/14の書籍なので今更ではあるが、紹介しておく。
「Binary Hacks ―ハッカー秘伝のテクニック100選」(オライリー・ジャパン社)の表紙に、下図の通り囲碁盤が描かれている。

Binary Hacks ―ハッカー秘伝のテクニック100選
Binary Hacks ―ハッカー秘伝のテクニック100選高林 哲 鵜飼 文敏 佐藤 祐介 浜地 慎一郎 首藤 一幸

オライリー・ジャパン 2006-11-14
売り上げランキング : 86983

おすすめ平均 star
starGNUプログラミングテクニック
star組み込み系の開発者は必携です
starハードコア?なソフトウエア

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
オライリー社の書籍といえば「動物柄」でお馴染みだが、そうでないケースも多い。


オライリーメディア(英: O'Reilly Media)は、アメリカ合衆国のメディア企業。ティム・オライリーが創設した。コンピュータ関連の書籍出版、ウェブサイト作成、カンファレンスの開催などを主な業務としている。表紙に動物の木版画を使った書籍群でよく知られている。

「Binary(バイナリ)」とは2進数のことで、このブログのタイトルにも使用している「0と1」で表現される世界といえる。広義で言えば(わかりやすく言ってしまえば)、コンピュータの世界、ということだ。
この世界と、19×19の2次元配列要素上にて「白と黒」で表現される囲碁の世界が、とてもマッチしているために採用されたのだろう。囲碁がインターナショナルなゲームであることを思い知らされる一例ともいえる。