将棋の神様〜0と1の世界〜

「三間飛車のひとくちメモ」管理人、兼「フラ盤」&「チェスクロイド」作者がおくる、将棋コラム

3筋の着手と3の付く数字のときだけ読み上げがアホになります


よろしくお願いします。


先手、▲7六歩。


さぁんよんふ!


先手、▲2六歩。


さぁんごぉふ!


先手、▲2五歩。


さぁんにぃひ!  (第1図)



先手、▲2四歩。


後手、△2四同じく歩。


先手、▲2四同じく飛車。


後手、△8八角成。


先手、▲8八同じく角。


さぁんろくふ!


どぉふ!


どぉひ!


さぁんにぃふ!


どぉぎん!


さぁんよんふ!


後手、△1五角。  (第2図)



まで、後手


かとぉひふみ!


九段の勝ちでございます。ありがとうございました。

補足

「石田流」の定跡をご存知の方にはお分かりのように、△3六同飛〜▲3四歩は、アホ連発を増やすためのココセ。また、△8八角成の前に△3六歩のほうが正しい。
全体を通して、アホを連発するもっといい手順はあるのだろうが、思いつきでぱぱっと書いてみた。


世界のナベアツの「3の倍数」芸がウケるのは、「緊張から弛緩へ」というお笑いの原則、さらに一発芸のような時間の短い芸の場合は加えて「短時間での認知」という原則が、1から40までの読み上げの間、時間にして数十秒の間に凝縮されているからだと私は考える。


すなわち、「6」あたりで1つ目のルール「3の倍数でアホになる」を視聴者は素早く認知。「23」で2つ目のルール「3の付く数字のときにアホになる」も含め視聴者は完全に芸のルールを認知。
「ルールはもう分かっちゃったけど、この先何かあるのだろうか?」と視聴者が緊張状態に入っているときに、まさかの「30台のアホラッシュ」。緊張状態が一気に解き放たれ、弛緩状態に転落する。その落差たるや、すさまじい。

  • 2008/05/07 加筆・修正しました。
  • 2009/07/04 加筆・修正しました。