将棋の神様〜0と1の世界〜

「三間飛車のひとくちメモ」管理人、兼「フラ盤」&「チェスクロイド」作者がおくる、将棋コラム

続・AdobeがMacromediaを34億ドルで買収

昨日に引き続き、この話題は大きく取り上げられている。下に示したCNET Japanラウンドアップページで、関連記事がまとめらている。非常に便利。もうしばらく記事は増えるだろう。


アドビ システムズは米国時間4月18日、マクロメディアを34億ドルで買収すると発表した。「PDFとFlashの統合により、業界を定義するプラットフォームを推進できる」と述べるアドビは今、次世代のウェブアプリケーション開発のあり方を決める極めて重要な戦いに乗り出そうとしている。
また、下記の専門家のコラムも参考になった。

Macromediaの顧客は大半が既にAdobeの顧客でもある。現に私もDreamweaverとStudio MXを使い、一方ではPhotoshopInDesignを使っている。FireworksやFreeHandなど、Adobeポートフォリオと重複しているMacromediaの製品はどれも強力だが、大半のデザイナーやイラストレーターにとってはPhotoshopやImageReadyやIllustratorよりも優先して選ぶほど魅力的なわけではない。

 だが少なくとも、これまでは選択の余地があった。AdobeMacromediaの合併に伴い、間もなく、多数の製品が打ち切られることになるのは必至だ。

この専門家によると、AdobeはWeb構築ツールとしてDreamweaverを優先させ、GoLive製品ラインを一掃する可能性が高い、とのこと。私の昨日の推測は真っ当なものだったようだ。
今後も、AdobeMacromediaの製品群統合の話題、そしてVSマイクロソフトの話題など、興味は尽きないだろう。数年後、日常生活を支配しているソフトに関わってくるので、大変重要である。どちらにしろ、使い勝手が良くなっていることには間違いないが。