将棋の神様〜0と1の世界〜

「三間飛車のひとくちメモ」管理人、兼「フラ盤」&「チェスクロイド」作者がおくる、将棋コラム

「終局」

「投了」というのは、詰み手順中だったり、自玉の詰めろがほどけなかったり、逆転の見込みがないときに相手がとる行為である(ルールブックを持っていないので厳密には述べられないが)。
この「投了」には、手数や内容に少しわかりにくい要素があるため(アマチュアにはプロの投了の意味がわからなかったりする)、わかりやすく、最後の一手詰めまでの手順を「終局」とし、手数の長さはこれで測る。お互い途中で投了できず、一手詰めまで指し続けるということだ。本コラムでは、この定義で「終局」という言葉を使っていく。