将棋の神様〜0と1の世界〜

「三間飛車のひとくちメモ」管理人、兼「フラ盤」&「チェスクロイド」作者がおくる、将棋コラム

次の一手・初段コース

次の一手・初段コース問題の傾向を以下に挙げる。

  • 序・中盤、相手のうっかりをとがめる

だいたいが「三手の読み」(三手先まで読むこと)で事足りる。初手が若干見えにくい。正解手順通り進むと、5〜7手後には先手側が銀得くらいの駒得になる問題が多い。

  • 必死をかける

自玉は一手一手で受けがないが、二手スキの形。たいていゼット形(どんな駒を相手に渡しても自玉は詰まない)である。したがって、必死をかければ勝ち(正解)。初手が奇抜だが、初手さえ見えれば後は簡単で、3手必死くらいの問題が多い。ときどき駒指定ゼット(斜め駒ゼット、飛車ゼットなど)だったりし、この時はそれを渡さないように必死をかける。

  • 詰めろ逃れの詰めろ

まず王手をかけて、3手目に詰めろ逃れの必死を放つ。初手でいきなり詰めろ逃れの必死の場合もある。上と同様、初手が見えにくいが以下は変化が浅くせまい。