将棋の神様〜0と1の世界〜

「三間飛車のひとくちメモ」管理人、兼「フラ盤」&「チェスクロイド」作者がおくる、将棋コラム

第21回世界コンピュータ将棋選手権:ボンクラーズ優勝

勝戦を見に行ってきた


既報の通り、「第21回世界コンピュータ将棋選手権」は「ボンクラーズ」の初優勝で幕を閉じた。

ボンクラーズ」という名称には、2つの意味がかかっていたようだ。


今回、選手権で大活躍したボンクラーズは、ボナンザクラスターあたりの略だろうと思っていたのですが、実は、あずまんが大王ボンクラーズが元ネタだったらしいです
これは伊藤さん本人から聞きましたので間違いありませんw
絶妙なネーミングセンスw


早稲田大学・国際会議場で行われた決勝戦を見に行ってきた。会場が広く、同じ人の入りでもスカスカに見えることを差し引いても、昨年より来場者は少なかったのではないか。震災だけでなく、「ニコニコ生放送」で西尾明六段の大盤解説が行われた(「第21回世界コンピュータ将棋選手権 - ニコニコ生放送」参照)ことが少なからず影響したと思う。便利な世の中になったものだ。


国際会議場での解説者は、言わずと知れた「教授」勝又清和六段と、昨年新人王のタイトルを獲得した阿部健治郎四段。

勝又六段は、いつも通り過去のプロの実戦譜や定跡説明を交えながらの軽妙な解説。コンピュータ将棋の特徴にも詳しいので、非常にわかりやすかった。「水平線効果らしきものが最終盤(無意味な王手ラッシュなど)だけでなく中盤に発生しているように感じられる。」「不利なときの指し回しに課題。」と解説していた(私の意訳含む)のが印象的。

一方の阿部四段は、コンピュータ将棋の棋風については詳しくない模様で、勝又六段とは反対の、ニュートラルな視点で解説していた。そして最終盤の強さを素直に評価し感嘆していた。また、中盤に生じたいくつかの軽妙な桂使いに対し「人間と比べ桂の使い方がうまい。人間には瞬時には見えない。」と感心していた。例えば決勝4回戦・GPS将棋−ponanza戦(第1図)。

ここから△4八銀▲4七玉△5五桂!▲4六玉△5四桂!▲4五玉△4四歩▲同竜△同銀以下自玉を安全にしながらの攻めで、先手玉を再び後退させて安全勝ち。
ちなみに阿部四段の頭の回転が速すぎるのか、手順の再生と解説が異常に早く、聞いていて疲れてしまった。勝又六段と同様、もっとじっくり解説してくれるとうれしかった。

落ち着いているコンピュータ将棋

個人的には、有利な側の中盤の指し回しに感心した。具体的には、有利な側は中盤では無理をしない落ち着いた指し回しを選んでいる、という印象を受けた*1。また、それが「不利な側のプチ暴発」と相まって、中盤で差が開いた将棋を比較的多く生んでいたのではないだろうか。例えば決勝5回戦・習甦−ボンクラーズ戦(第2図)。

▲4三歩の垂らしに対し、後手・ボンクラーズは△5二金。囲いが悪形になるのを厭わない「森安流」だ。以下、完全に先手の攻めを切らして後手圧勝。なおボンクラーズは決勝4回戦のYSS戦でも堅実な指し回しで受けつぶしており、とりわけ落ち着いている印象を受けた*2
他には決勝7回戦・激指−習甦戦(第3図)。

ここから先手・激指は▲6六角(香取りを防ぐ)△8六飛成▲6八金△8九竜▲5八金というプロ筋の金寄せを披露した。なお、本譜は先手石田流VS後手居飛車穴熊の出だしで、この場面だけでなく仕掛けから終盤まで、先手石田流の指し回しが絶品だ。石田流党の方にはとても参考になると思う。

あいかわらず入玉が苦手

コンピュータ将棋が入玉形が苦手なのは相変わらずで、入玉するのも防ぐのもぎこちない。例えば決勝3回戦・ponanza−習甦戦(第4図)。

「▲9四歩から9筋を開拓しておけば入玉が約束されていた」(阿部四段)のだが、変に右辺から動いて桂を与えた挙句、▲8五歩と打ってしまい、結果的に自玉上部のスクラムが完全に残ったまま入玉できずに下から寄せられてしまった。このほか、決勝6回戦・ボンクラーズ−Blunder戦にて、ボンクラーズがBlunderの入玉を阻止できずに敗れる一幕などもあった。

ponanzaはそろそろ改名を考えるとき

このほかの見せ場として、ponanzaが決勝2回戦・VS激指戦にて「稲庭スペシャル」(第5図。後手側の布陣。歩を全く突かず、かつ各筋に巧みに2つ以上の駒を利かせながら待機している点に注目)を披露して会場を沸かせた。

相手の「激指」が稲庭対策をとっておらず、まんまとponanzaが時間切れ勝ちしそうだったが、結果は激指の残り時間が20秒のところでまさかの千日手。ponanza側が千日手回避思考を入れていなかったのが原因だった。
ponanzaは本局以外は正々堂々と戦い(稲庭スペシャルも立派な対コンピュータ戦術ではあるが)、2勝をあげている。立派な成績だ。ただここまで存在感を示し始めたからには、「Bonanza」と極めて似ていて紛らわしい名称を変更するべきだと思う。解説の先生方がコンピュータを勘違いする場面も何度かあった。

対男性プロ戦は今年あるのか?

優勝したボンクラーズでも2敗を喫しており、また最下位のYSSでも2勝をあげている。昨年に比べてトップの力は上がっているだろうにもかかわらず、これだけ拮抗したのは、全体的に非常にレベルアップしたからに他ならない。否が応にも対男性プロ戦の実施と結果が気になるが、はたして今年は行われるのだろうか?行われたとしても、清水市代女流プロとのリベンジマッチだろうか?
今回の会場には、途中米長邦雄会長が飛び入り参加し解説を一部行ったのだが、その中で阿部四段に対し、コンピュータ将棋と対局してみたいか問いかける場面があった。「新人王戦よりも賞金は弾むよ。」というリップサービス付きで。阿部四段は、明快な回答を避けたものの、否定もしなかった。はたして今後実現するのだろうか?
ちなみに、米長会長は自身のホームページで


■敵を知り、己を知る。(2011.4.25記)
コンピュータソフトと私が戦うとどちらが勝つんでしょう。激指10と秘かに戦ってみました。
どうも持ち時間の設定に鍵があるようです。
○一手10秒以内。これは私の勝率は20%くらいです。
○酒が入っているケース。全く歯が立ちません。
○一手30秒ずつ。実力伯仲です。

と述べている。また、会場にて実際に「激指10に対し10秒将棋で勝率2割ぐらい」と述べており、驚いたことにそれに対し阿部四段が「私もそのくらいです。」と相槌を打っていたのだ。すでに引退している米長会長と、新人王を獲得し、売り出し中の若手が同じ勝率なのだろうか?
また、NHK杯ルールくらいの持ち時間でこの決勝リーグに阿部四段が参戦したら?の問いに、阿部四段は「勝率6割くらいでしょうか。」と答えていた。この低さにも私は驚いた。
前者は、米長会長を立てたリップサービスで、後者は勝率を低く見積もった謙虚な数字を述べたのではないかと思う。ただ合わせて感じるのは、確かに男性プロでもコンピュータ将棋相手にもはや圧勝することはできず、紙一重であるということだ。

*1:ただし、寄せが見えたときには突然自玉を顧みない猛烈な攻めに転じる。例えば決勝7回戦・ボンクラーズ−ponanza戦など。

*2:決勝3回戦のBonanza戦で、△8六桂!▲同歩△同歩▲同銀のあと一転して△2二玉!と受けに回ったが、あれも受けのために一手稼いだ堅実な指し回し(次に▲8七歩ならもう一手受けることができる)なのではないかと勘ぐってしまう。