将棋の神様〜0と1の世界〜

「三間飛車のひとくちメモ」管理人、兼「フラ盤」&「チェスクロイド」作者がおくる、将棋コラム

「今年の一文字」でTwitterクラスタ純度を調べてみよう

「今年の一文字」 by 郵便年賀.jp

現在日本郵便のホームページにて、下記サービスが提供されている。

「今年の一文字」とは?
あなたが2010年に、Twitterでいちばん多くつぶやいた漢字一文字と、その漢字一文字から、2011年の運気を占うコンテンツです。
あなたの「今年の一文字」は年賀状のテンプレートや素材として、ダウンロードできます。

私は基本的にこの手のサービスをやらないのだが、まさかの日本郵政グループ公式サービスということで、挑戦してみた。
お堅いイメージのある組織だが、思い切ったデザインのユルさと完成度の高さで感心した。

高い将棋クラスタ純度

さて私(@thirdfilerook)の結果は、1位から順に、棋、将、戦、手、見、王、飛、局、生、段となった。

久保二冠を応援するつぶやきが多く、「棋王戦」「王将戦」とつぶやく棋界、もとい機会が多かったのがよくわかる。
私は基本的に将棋に関するつぶやきしかしないので、トップ10すべてが将棋に関連する漢字となった。唯一「生」がわかりにくいが、おそらく「羽生」と「先生」の合わせ技で「生」が上位に来たものと考えられる。


トップ10の漢字について、以下のような画像を取得することができる(下図は私の1位「棋」の場合)。
また、Twitterをやっていない方のために、生年月日を入力することで楽しめる「来年の一文字占い」というサービスも用意されている。
興味のある方は是非本サービスをお試しあれ。