将棋の神様〜0と1の世界〜

「三間飛車のひとくちメモ」管理人、兼「フラ盤」&「チェスクロイド」作者がおくる、将棋コラム

MTM05にて、将棋の駒をトレースする展示

Make Tokyo Meeting 05

2010/05/22, 23に、ものづくり野郎の祭典「Make Tokyo Meeting 05」が行われた。

Make: Technology on Your Time Volume 01
Make: Technology on Your Time Volume 01オライリー・ジャパン

オライリー・ジャパン 2006-08-24
売り上げランキング : 8982

おすすめ平均 star
star少年の心を持った大人達へ!
star工作好きの心をくすぐる
starアメリカ版(ちょっとジャンクな)大人の科学

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
年2回、春と秋に行われるこのイベント。過去3回連続で見学していたのだが、今回は都合が付かず行けなかった。すると後日、今回も参加したid:takkawさんから、「将棋関係の展示を見かけた」との情報をいただいた。

将棋の駒をWebCAMでトレース

それは、将棋の駒をWebCAMで撮影して、その動画像から駒の位置と種類を認識するものだった。複数の種類の駒を識別できていたし、また、駒を動かすと、動的に追従して認識できていたそうだ。
残念ながら、今回は比較的接写の撮影で、盤面全体の撮影ではなく、まだマス目の識別はできていないとのこと。開発者の方にうかがったところ、将来的には盤面全体を認識可能とすることで、棋譜情報を頭から最後まで自動レコードしたい、とのことだ。


とても興味深く、将来が楽しみな展示だ。Web上を探し回ったが、残念ながら開発者の方が開発状況などについて綴ったWebサイトやブログを発見することはできなかった。半年後に再び、パワーアップした展示が行われることを期待したい。