将棋の神様〜0と1の世界〜

「三間飛車のひとくちメモ」管理人、兼「フラ盤」&「チェスクロイド」作者がおくる、将棋コラム

Twitterに大槻将棋ボット登場、そして文殊ボットへ

大槻将棋

GPS将棋ボット、ボナンザボットに続き、Twitter「大槻将棋 (otsuki_shogi)」ボットが登場した。「大槻将棋」は、今年行われた第19回世界コンピュータ将棋選手権において、GPS将棋(優勝)に次ぐ準優勝を果たしたコンピュータ将棋だ。

参考URL

これでTwitter上に、GPS将棋(優勝)、大槻将棋(準優勝)、Bonanza(5位)の3つのコンピュータ将棋(ちなみに3位は後述、4位はKCC将棋)のボットが登場したことになる*1
これは結構重要な意味を持つ。そう、「3人寄れば文殊の知恵」である。

3ボット寄れば文殊ボットの登場

文殊」とは、上述の選手権で3位に入ったコンピュータ将棋だ。そのシステムはユニークで、「複数の異なる将棋プログラムの挙げた候補手の中から、適当な合議アルゴリズムに基づき着手を決める」というものだ。

上述の選手権では、「Bonanzaの評価関数に乱数を加えて複数のプログラムを作り、単純多数決で指し手を決める」というシンプルなシステムで出場したそうだ(その結果、Bonanzaより順位が上だった(ただし直接対決で負けた)という点も興味深い)。

今回、GPS将棋、大槻将棋、Bonanzaという3つのボットが揃ったおかげで、次の一手予測の多数決をとることが可能となった(バラバラな予測だった場合は、優勝に敬意を表してGPS将棋の着手を採用か)。各ボットのつぶやきは、形式はバラバラなものの、それぞれ手数と評価値と次の一手予測を記述しているので、これらを抽出して計算すれば、評価値の平均値と「多数決次の一手」をつぶやく文殊ボットが作れてしまうはずだ。
どなたか作成なさいませんかね。「文殊」という名前を拝借するのもなんなので(いいのかな?)、「majority_vote」(多数決)とか、「WisdomOfCrowds」とかですかね。ただし管理者の異なる3ボットなのでなかなか難しいか(いつの間にかつぶやきフォーマットが変わる、など)。

何をもって予測向上とするか?

とはいえ、文殊ボットを作っても、能力が向上しているのかどうかは評価が難しい。ボット自身が対局して勝敗の結果が得られるわけではなく、観戦補佐をしているだけだからだ。対局者との指し手一致率を評価に用いてもよいが、対局者が必ずしも最善手を指しているとは限らない。
このように課題は残るものの、参戦するボットが増えたことで楽しみは広がった。目に見えて「量が質に転化する」ときもくるだろう。

参考書籍

「みんなの意見」は案外正しい
「みんなの意見」は案外正しいジェームズ・スロウィッキー 小高 尚子

角川書店 2006-01-31
売り上げランキング : 57697

おすすめ平均 star
starWeb時代にますます考えるべき集合知・みんなの意見
star『投資苑』嫁
starこの本の要約

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

*1:Twitter上には他にもすでにいくつかのコンピュータ将棋ボットが存在するのかもしれないし、また今後もどんどん出てくるかもしれない。