将棋の神様〜0と1の世界〜

「三間飛車のひとくちメモ」管理人、兼「フラ盤」&「チェスクロイド」作者がおくる、将棋コラム

チェスの世界観が、「ターミネーター サラ・コナー・クロニクルズ」のモチーフとなっている

現在「TSUTAYA」でレンタル半額キャンペーンが行われている、「ターミネーター : サラ・コナー クロニクルズ〈ファースト・シーズン〉」

ターミネーター : サラ・コナー クロニクルズ 〈ファースト・シーズン〉 コレクターズ・ボックス [DVD]
ターミネーター : サラ・コナー クロニクルズ 〈ファースト・シーズン〉 コレクターズ・ボックス [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ 2009-01-21
売り上げランキング : 10832

おすすめ平均 star
starイマイチ
star打ち切り
star期待外れ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 本作は『ターミネーター2』の未来(5年後)を描くドラマとして制作されている。尚、主役はサラ・コナーである。前作に登場した、T-800は登場しないが、骨格が酷似したT-888が複数登場する。また、コナー親子を守るため新型の少女型のターミネーター(TOK715)も登場する。
 前述のとおり、本作は『ターミネーター2』の事件後の世界が舞台となっている。しかし本作は、2004年公開の『ターミネーター3』および2009年公開の『ターミネーター4』とは異なる時系列での出来事と設定されており、物語として連続関係は無いパラレルワールドである。

この作品の中で、チェスの世界観がふんだんに活かされている。
とりわけストーリー序盤では、「ターミネーターを生み出したのは、コンピュータチェスの開発者なのではないか?」という謎に迫っていく形でストーリーが展開していく。
さらに中盤では、コンピュータチェス世界大会の模様が描かれている。決勝戦で、ストーリーの中核を担うチームの対戦相手が日本人チームである、というところも興味深い。「メイドインジャパン」の信頼感の現われだろう。*1ただし実際には、コンピュータチェスの世界でそこまで強い日本チームは無いのではないだろうか(正確なところは知りません)。なぜなら、皆コンピュータ将棋開発の方に向いているから。

興味をお持ちの方は、TSUTAYA半額セール期間中に借りて観てみるとよいだろう。ファーストシーズンは全9話(全5巻)しかないので、そんなに構えずに比較的気楽に観ることができる。

*1:ちなみに、映画「トランスフォーマー」の中では、車がトランスフォームする様子を初めて見た主人公達が「きっと日本製だろう」とつぶやいている。