将棋の神様〜0と1の世界〜

「三間飛車のひとくちメモ」管理人、兼「フラ盤」&「チェスクロイド」作者がおくる、将棋コラム

第55回NHK杯 1回戦 ▲石川陽生六段VS△中原誠永世十段

2005年8月13日のダイアリーで石川先生に対して失礼なコメントを付けてしまったので、反省の意味も込めて1回戦の将棋を紹介しておく。中原誠永世十段に快勝した将棋だ。戦型は、先手石川先生の三間飛車対後手中原先生の左美濃

上図は、三間飛車側が▲5五歩△同歩▲6五歩と中央から動いたのに対し、△8六歩▲同歩△8七歩、と居飛車側が8筋から仕掛けた局面。最後の△8七歩が疑問のようで、これを咎めて終始石川先生がリードを保ったまま勝ち切った。この垂らしにより居飛車の8筋突破は確実だが、飛車先が重くなってしまっている。そこで、振り飛車側は中央から手を作る。
上図以下、▲5八飛△8六角▲5五角△5四歩▲6六角△6四歩▲5六銀!△6五歩▲7七角!!(下図)

△6四歩に対し、▲同歩では△同銀で勢いがついてしまうし、▲5六銀△6五歩のところで▲同銀では△6二飛で受けにくい。そこで、▲7七角が振り飛車らしいさばきの一着。
下図以下、△7七同角成▲同桂△8八歩成▲6五桂△8七飛成▲5三歩。桂の2段跳ねが気持ち良い。ここからの石川先生の攻めも光っていた。詳しくは現在発売中の「NHK 将棋講座」2005年9月号をご覧あれ。