将棋の神様〜0と1の世界〜

「三間飛車のひとくちメモ」管理人、兼「フラ盤」&「チェスクロイド」作者がおくる、将棋コラム

「鈴木大介の振り飛車自由自在」書評

鈴木大介の振り飛車自由自在 (NHK将棋シリーズ)
鈴木大介の振り飛車自由自在 (NHK将棋シリーズ)
日本放送出版協会 2005-02
売り上げランキング : 408475

おすすめ平均 star
star1000円では安すぎる名著!
star最新振り飛車定跡を明快かつ網羅的に解説
star読みづらい

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

NHK将棋シリーズ「鈴木大介振り飛車自由自在」を購入。これは、2003年から2004年にかけて放送された、鈴木大介先生が講師を務めた「NHK将棋講座」をまとめた内容となっている。振り飛車全般の指し回しのコツを、実戦譜を元に伝授していく構成である。

26局の実戦譜のうち、三間飛車関連は「石田流三間飛車」「三間飛車対右四間飛車」「三間飛車左美濃」の3局のみ。なお「相振り飛車」は1局。やはり主流の四間飛車が最も多い(15局)。もはや実戦をほとんど指さなくなった私にとって、見るべきものは三間飛車関連の3局+相振り飛車1局の序中盤戦のみだったが、そのためだけに購入した。購入して手元に置いておくだけの価値がこの4局の解説にある、とは言い切れないが、「三間飛車対右四間飛車」の棋譜と解説が載っていたのが大きなポイント。この戦型を解説している書籍はあまりない(といってもこの1局が載っているNHK将棋講座テキスト(2003年10月号)は所有しているのだが)。

やはりずっと手元にあると忘れる心配がなくて安心できる。ただし、実は「振り飛車ワールド」は一冊も購入していない、というのは秘密である。