将棋の神様〜0と1の世界〜

「三間飛車のひとくちメモ」管理人、兼「フラ盤」&「チェスクロイド」作者がおくる、将棋コラム

「石田流新定跡」

つい先日、東大将棋ブックス「石田流道場」(この書籍に対する私の感想は2004/12/21のダイアリーおよび2005/01/04のダイアリー参照)が発売されたばかりだが、今度は創元社から、「決定版 石田流新定跡」が発売された。

決定版 石田流新定跡―ライバルにひとアワ吹かす必勝戦法! (スーパー将棋講座)
決定版 石田流新定跡―ライバルにひとアワ吹かす必勝戦法! (スーパー将棋講座)
創元社 2005-01
売り上げランキング : 70617

おすすめ平均 star
star疑問な一冊
star早石田の変化に価値あり
star穴熊退治以来ひさびさの傑作

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

筆者は鈴木大介先生。3章構成で、

  • 第1章 超急戦編
  • 第2章 対急戦編
  • 第3章 対居飛車穴熊
となっている。第1章の超急戦編とは、初手から▲7六歩△3四歩▲7五歩△8四歩▲7八飛△8五歩▲7四歩!?と進める、最近話題の例の変化のことである(ちなみにこの変化は、「石田流道場」では居飛車有利の結論)。第2章は、対△7二飛と対棒金。第3章は居飛車穴熊に対する戦術として、ダイヤモンド美濃にがっちり組んでから戦う手順と、▲7六飛・▲7七角型から速攻を仕掛けていく手順の2つが取り上げられている。
どの戦型も石田流側が良くなるように書かれているが、これが公平性に欠く(石田流側に都合の良い手順しか紹介していない)ためなのか、実際に石田流側が作戦勝ちのためなのかは定かではない。とにかく、石田流党ならば必読だろう。