将棋の神様〜0と1の世界〜

「三間飛車のひとくちメモ」管理人、兼「フラ盤」&「チェスクロイド」作者がおくる、将棋コラム

中飛車道場第4巻

完結といわれていた東大将棋ブックス「中飛車道場」シリーズだったが、「第4巻 △6四銀・ツノ銀」が発売された。これには意表を突かれた。

中飛車道場〈第4巻〉6四銀・ツノ銀 (東大将棋ブックス)
中飛車道場〈第4巻〉6四銀・ツノ銀 (東大将棋ブックス)
毎日コミュニケーションズ 2004-07
売り上げランキング : 333899

おすすめ平均 star
star待ってました

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


内容は、

  • 第1章 △6四銀型中飛車△4五歩型
  • 第2章 △6四銀型中飛車△9二香型
  • 第3章 ツノ銀中飛車
  • 第4章 風車

といった章立てとなっている。居飛車側はすべて居飛車穴熊を目指す形である。個人的には3章以降は見るべきところはないが、第1章と2章に関しては、三間飛車からでも類似型を目指せる、大変興味深い内容となっているので、即購入した。

第1章は、居飛穴志向に対し後手が△6四銀型(上図)にし、5筋を受ける▲6六銀を見て△4五歩とする形である。これは角道を通したとともに4筋に争点を作った積極的な構想といえる。以下、居飛車側の動きに合わせて△4二飛から4筋の攻めを見せたり、四枚美濃や振り穴を目指すことになる。△4二飛とする形については、出だしは三間飛車ではあるが、「最近のひとくちメモ」の4月辺りに載せたひとくちメモでも全く同じ形を取り上げた。この書籍は、そこでの私の説明を大幅に補足したものとなっているので、大変勉強になった。
第2章は、△6四銀型から▲6六銀までは同じだが、ここから△4五歩と争点を作ることなく△9二香として、真っ先に相穴熊を目指す形である。
6/21のダイアリーで、「三間飛車道場」の続編は「相穴熊」編か、と予測したが、当たらずとも遠からず、といったところか。たしかに中飛車から6四銀型を目指したほうが、三間飛車から6四銀型を目指すよりも若干メリットがあるようだ(▲6六歩型居飛穴でなく▲6六銀型居飛穴に居飛車側を限定できる、等)。
総じて、三間飛車党にもお勧めの一冊といえる。ぜひご覧あれ。