将棋の神様〜0と1の世界〜

「三間飛車のひとくちメモ」管理人、兼「フラ盤」&「チェスクロイド」作者がおくる、将棋コラム

芥川賞

もう2週間くらい前の話だが、実家に帰ったら芥川賞二作が掲載されたときの文芸春秋が転がっていたので、「蹴りたい背中」「蛇にピアス」両方を読んでみた。
理系人間の稚拙な読書感想文をここに載せるのは避ける(笑)が、どちらかといえば後者の方がよいかなと。中高時代、読書感想文といえば指定された本の前書きと後書きだけ読んでてきとーに書いていた。大いに反省。いろいろ読書しておけばよかった。