将棋の神様〜0と1の世界〜

「三間飛車のひとくちメモ」管理人、兼「フラ盤」&「チェスクロイド」作者がおくる、将棋コラム

Web

「AdobeのFlashサポート終了」によりFlashの棋譜再生プレーヤーはどうなるのか

Adobe、2020年末にFlashのサポートを終了 Adobeが、Flashのサポートを終了する計画を発表した。 2000年前後の10年間は、グリグリ動くアニメーションで魅せるFlash活用サイトが目立ったものだ。 しかし、AppleのスティーブジョブズがFlashを批判し、iPhoneでF…

SVG局面図のテスト

約5年半ぶりの更新。御多分に洩れず、藤井四段の大活躍に影響されており、将棋熱が再燃してきている。 以前から、狼将棋のブログさんで使用されているSVG(Scalable Vector Graphics、スケーラブル・ベクター・グラフィックス。詳しくは「WEBデザイナーのは…

「三間飛車のひとくちメモ」「フラ盤」は移転しています

2011/10/12のエントリーでも述べました通り、「三間飛車のひとくちメモ」および「フラ盤のページ」は以下の場所に移転しています。 三間飛車のひとくちメモ フラ盤 以前は「AAA!CAFE」上で運営していましたが、2011/12/01をもってAAA!CAFEのサービスの提供が…

「三間飛車のひとくちメモ」を移転しました【2017年8月更新】

2011年10月 引っ越し完了(旧館) 「三間飛車のひとくちメモ」の移転作業が完了しました。同サイト内にあった「フラ盤のページ」などもすべて移転しています。見た目は全く変えていません。 三間飛車のひとくちメモ 旧館 フラ盤 2017年8月 再移転しました 「…

「勝手に将棋アンテナ」運用終了

将棋ファンに馴染みの深かった「勝手に将棋アンテナ」が、設置元の「I know.」のサービス提供終了に伴い9月30日をもって運用終了した。 2004年10月から7年近くにわたって運用してきた勝手に将棋アンテナを、2011年9月30日をもって終了します。これは、アンテ…

「三間飛車のひとくちメモ」を移転します

「フラ盤のページ」も移転します 「三間飛車のひとくちメモ」を設置していた「AAA! CAFE - 無料ホームページサービス」が12月1日をもってサービス提供を終了してしまうということなので、「三間飛車のひとくちメモ」、およびその中で運営していた「フラ盤の…

TwitterにPonanzaボット登場

ポナンザ、Twitterに登場 2ヶ月前の話になるが、GPS将棋ボット(@gpsshogi。現在もタイトル戦を中心につぶやき中)、Bonanzaボット(@Bonanza_shogi。1年半つぶやきなし)、大槻将棋ボット(@otsuki_shogi。2年近くつぶやきなし)などに続き、Ponanzaボッ…

「ラジオNHK杯将棋トーナメント」のような演出はフラ盤でもできます

「ラジオNHK杯将棋トーナメント」 もう2ヶ月前の話だが、NHKラジオ第1放送のWebサイト「R1 NHKラジオ第1」にて、「復活! 第60回ラジオNHK杯将棋トーナメント決勝戦」という特設ページが設けられた。 R1 NHKラジオ第1 復活! 第60回ラジオNHK…

日本将棋連盟モバイルのブログパーツがはてなダイアリーに対応

日本将棋連盟モバイルのブログパーツ 将棋ファンにおなじみの「日本将棋連盟モバイル」。遠山雄亮五段が編集長を務め、携帯電話やスマートフォン(現時点ではiPhoneのみ)で、数多くのプロ棋戦をかんたんに観戦できる(その他にも機能多数)すぐれものだ。 …

「対局会場アーカイブス」の会場情報を更新しました

前バージョンの約1.4倍、152会場の情報を収録 Android端末向けアプリ「対局会場アーカイブス」をバージョンアップしました。 2003年度から2010年度まで、過去8年間・計152会場の情報を収録しました。つい先日まで行われていた、第36期棋王戦、第…

第22回将棋ペンクラブ大賞にて、北海道新聞社メディア局がWeb中継企画賞を受賞

特別賞・Web中継企画賞 昨年7月の話だが、株式会社北海道新聞社メディア局が第22回将棋ペンクラブ大賞・Web中継企画賞を受賞した。 Web中継企画賞 株式会社北海道新聞社メディア局 マスコミ人ならではの視点で描かれ、多くの”観る将棋ファン”に喜ばれた、…

電子書籍版定跡書の未来

「マクドナルドはなぜケータイで安売りを始めたのか?」 iPhone/iPad向けの、興味深い電子書籍アプリが発売された。 特徴的なのは、基本的には一作品の電子書籍アプリでありながら、構造としてはストア型のアプリになっていることだ。(中略) より重要なの…

「将棋世界」がiPad向け電子書籍に

「将棋世界」、電子書籍化 将棋ファンにおなじみの月刊誌「将棋世界」が、iPad向け電子書籍になるとのこと。 2010/10/17のエントリー「『将棋を世界に広める会』創立15周年記念シンポジウムに行ってきた(2)」に書いたように、このイベントにて青野照市九…

IS03、LYNX 3D、Desire HDでフラ盤を再生できた

最新Android端末でフラ盤を再生できるか?・・・結論 フラ盤 まず結論から書いておくと、以下の通り。なお「再生」とは、一手進める/戻す、最終/開始局面へ、などの操作のことを指す。(12/03誤記訂正) Softbank Desire HD(Android OS 2.2)・・・再生可…

「今年の一文字」でTwitterクラスタ純度を調べてみよう

「今年の一文字」 by 郵便年賀.jp 現在日本郵便のホームページにて、下記サービスが提供されている。 今年の一文字|郵便年賀.jp 「今年の一文字」とは? あなたが2010年に、Twitterでいちばん多くつぶやいた漢字一文字と、その漢字一文字から、2011年の運気…

ネット対局できる実体チェスボード

インターネット越しの相手と、実物のチェスボードを用いて対戦しているかのような感覚を味わえる盤駒を開発しているプロジェクトがこちら。 Internet Chess Tableは、インターネットチェスを本物の盤と駒で楽しむために開発したプロジェクトです。 ディスプ…

「WEB+DB PRESS」Vol.56に、どうぶつしょうぎに関する記述

WEB+DB PRESS Webアプリケーション開発のためのプログラミング技術情報誌「WEB+DB PRESS」(技術評論社)Vol.56の中に、「とうぶつしょうぎ」に関する記載を見つけた。 冷静沈着なIT戦士が主な読者層である「WEB+DB PRESS」と、母子のふれあいとぬくもりを重…

第20回世界コンピュータ将棋選手権開催

全く読めない優勝争い 2010/05/02より、第20回世界コンピュータ将棋選手権が行われる。 第20回世界コンピュータ将棋選手権 コンピュータが恐ろしいほど強くなっているのは、各所で報じられている通りだ。今回も、ハイレベルな戦いが繰り広げられることだろう…

Shogipediaには「光速の終盤術」(谷川九段 著)もあります

光速の終盤術 2010/04/10のエントリーで述べた通り、「最新戦法の話」(勝又清和六段 著)の英訳を「Shogipedia」に収めた。 この作業には、2009年11月半ばから2010年4月半ばまで、5ヶ月近くかかってしまったわけだが、実はこの間に別の書籍の英訳をShogip…

「最新戦法の話」英訳完了

2010/12/27のエントリーで述べた、「最新戦法の話」(勝又清和六段 著)英訳プロジェクトが、このたび完了した。最新戦法の話 (最強将棋21)浅川書房 2007-04売り上げランキング : 90286おすすめ平均 すばらしい将棋の本プロ将棋観戦の必須アイテム勝又教授の…

Googleブックサーチなんて怖くない?!棋書検索サービス案

「この局面は以下の棋書に載っています」 長くなってしまいそうなので、先に案を書いておく。 局面を入力すると、その局面が載っている棋書を紹介してくれる棋書検索サービスまたはAPIがあってほしい。局面の入力方法には、以下のような方法が考えられるだろ…

「iShogiSalon for iPhone/iPod touch」レビュー

iShogiSalon for iPhone/iPod touch Apple App StoreにあるiPhone/iPod touch向け将棋対局アプリのうち、今回は「iShogiSalon for iPhone/iPod touch」を紹介しよう。 iShogi Salonへようこそ!ついにネットワーク対戦可能な将棋ソフトの登場です。 チェスは…

勝又教授の補修講義 on Twitter

週刊将棋「段・級位認定次の一手」 先月末、私は「週刊将棋」1月27日号を読んでいた。 目にとまったのは、「段・級位認定次の一手」解答のページ・四、五段クラスの正解図。その部分図が下の第1図だ。 後手玉には必死がかかっていると考えていただければよ…

局面図作成方法+α

局面図作成方法 昨年10月ごろ、佐藤慎一四段のブログエントリーを発端に、局面図(第1図参考)を作成する方法およびブログに貼り付ける方法について盛り上がり、さらには、これと直接関連があったかはわからないが、翌11月からは「棋士がブログ等で図面掲載…

局面図のフォーマットについて調査してみた

「局面図の作り方」の前に 将棋の解説に無くてはならないものとして、局面図(参考図参照)がある。文章だけの説明では、理解度に限界があるからだ。まさに「百聞は一見にしかず」である。 局面図を作成するためのツールはいくつかあり、それらについて紹介…

一覧性に優れた「将棋カレンダー」

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。 「将棋カレンダー」 powered by Googleカレンダー takodoriさんのつぶやき経由で、「Google カレンダー」サービスを利用して作成された、「将棋カレンダー(中継・イベントなど補足版)」というページがあ…

「最新戦法の話」英訳プロジェクト

最新戦法の話 本ブログでもたびたび取り上げている「最新戦法の話」。最新戦法の話 (最強将棋21)勝又 清和 浅川書房 2007-04売り上げランキング : 34413おすすめ平均 すばらしい将棋の本プロ将棋観戦の必須アイテム勝又教授の最高の講義Amazonで詳しく見る b…

「Kifu for iPhone」に、コメントを見ながら棋譜再生できる機能追加

Kifu for iPhone 2009/08/15のエントリー『「柿木将棋 for iPhone」動画レビュー』にて、iPhone向けコンピュータ将棋対局ソフト「柿木将棋 for iPhone」のレビューをさせていただいた*1。 柿木将棋 for iPhone 今回紹介するのは、対人戦専用の将棋アプリ、「…

電子工作リファレンスアプリ

駒割り計算ができるページなんて単純すぎて作るまでもない、と思ってしまいがちだが、下記のようなアプリを見ると、何でもありだな、とりあえず作っておくか、と考えを改め直すことができる(笑)。ほんとよく作るなぁ。MAKE: Japan : iPhoneの電子工作リフ…

駒割り計算ができるページを新設

駒割り計算 「三間飛車のひとくちメモ」内に、駒の枚数を入力するだけで駒割りを計算できるページ「駒割り計算」を新設した。 2009/10/20のエントリー「竜王戦:形勢判断ボード・改案」を書いた際に、駒割り計算が面倒で、駒数を入力すると総得点を返すExcel…

竜王戦:形勢判断ボード・改案

形勢判断ボード 「形勢判断ボード」とは、第22期竜王戦の中継ブログ「竜王戦中継plus」の中に掲載されていたグラフ(下図)のことだ。竜王戦中継plus: 78手目△4四銀上の局面 自宅解説棋士の見解 via kwout中継スタッフの方々の、中継をより良くしていこうと…

Twitterに大槻将棋ボット登場、そして文殊ボットへ

大槻将棋 GPS将棋ボット、ボナンザボットに続き、Twitterに「大槻将棋 (otsuki_shogi)」ボットが登場した。「大槻将棋」は、今年行われた第19回世界コンピュータ将棋選手権において、GPS将棋(優勝)に次ぐ準優勝を果たしたコンピュータ将棋だ。 参考URL 大…

大局観をフレームワークに学ぶ

将棋ネタがうまくちりばめられたコンサルタントブログ 2009/08/02のエントリー『「将棋に学ぶタイムマネジメント」に学ぶ将棋』で、川口雅裕氏という方のブログ「関西の人事コンサルタントのブログ (大阪・京都・神戸)」の中のエントリーを紹介した。「将…

ケータイで竜王戦中継が見られるサービス開始、他

携帯サイト「竜王戦△将棋道場」 ケータイ(携帯電話)で竜王戦中継が見られるようになる携帯サイトがオープンするとのこと。 「竜王戦」を携帯でリアルタイム中継するのは今回が初めてです。フラッシュの技術を使った中継ページでは、数字キーを使った簡単な…

Twitterにボナンザボット登場

GPS将棋につづき、ボナンザも 「ボナンザロボット」(人型ロボットが想起される)ではありません。「ボナンザボット」です。念のため。2009/07/24に「TwitterにGPS将棋ボット登場」というエントリーを書かせていただいた。すると今度はボナンザ*1のボット*2…

声に出して読みたい手筋(3)

1年近く前に下記のようなエントリーを書いた。 声に出して読みたい手筋(1) 声に出して読みたい手筋(2)「本問題形式の意義とは?」 先月、「桂×桂の将棋生活」様でシンプルな良問が出題されているのを発見したので、今更ながら紹介させていただきます…

奨励会:三間飛車党・永瀬拓矢三段、四段へ昇段

最終日を前に昇段者確定 既報の通り、最終日の18回戦・19回戦2局を行う前に、2名の昇級者が決定した。三段リーグを勝ち抜くには、実力もさることながら精神面や運の影響も大きいといわれているが、今期は結果的に見ればこの2人が抜けていた。 将棋のプロ…

西日本新聞社がTwitterを開始、第50期王位戦第4局を中継

第50期王位戦第4局、▲木村一基八段VS△深浦康市王位 すでに2週間前のことだが、8月4・5日に王位戦七番勝負第4局が行われた。既報の通り、深浦王位が土俵際で踏ん張り、対戦成績を1勝3敗とした。 戦型は相矢倉で、先手・木村八段の森下システムだった…

「柿木将棋 for iPhone」動画レビュー

「iPhone 3GS」を購入 私事だが、先月iPhoneを購入した。 あれ?と思われた方がもしかしたらいらっしゃるかもしれない。そう、2009/07/05のエントリー「大画面タッチパネル液晶ガジェットを床に敷いて将棋を指したい」などで、「Android*1アプリ開発中」と私…

「将棋に学ぶタイムマネジメント」に学ぶ将棋

将棋に学ぶタイムマネジメント、3つのポイント 先日、将棋における時間の使い方を参考に、タイムマネジメントのポイントを指南した記事が紹介されていた。 ・知識の力で、時間を節約する・完璧を目指したり、考えすぎたりして、時間を浪費しない・重要なプ…

TwitterにGPS将棋ボット登場

「Twitter」とは? まず、「Twitter」について簡単に紹介しておこう。 Twitterはブログとチャットを足して2で割ったようなシステムを持つ。 各ユーザーは自分専用のサイト(ホーム)を持ち、「What are you doing?(いまなにしてる?)」の質問に対して140文…

第80期棋聖戦:羽生棋聖防衛と、コンピュータ将棋活用の可能性

横歩取り後手番で快勝 既報の通り昨日、第80期棋聖戦にて、羽生善治棋聖が木村一基八段を下し、棋聖位を防衛した。 「第80期棋聖戦五番勝負第5局」 羽生善治棋聖(38)=名人・王座・王将=に木村一基八段(36)が挑戦していた産経新聞社主催の将棋タイ…

第67期名人戦第6局:「銀多伝」を楽々と攻略する羽生名人

郷田九段の陽動振り飛車と「銀多伝」 第67期名人戦・羽生善治名人VS郷田真隆九段戦の第6局にて、後手・郷田九段の選択した戦法は、まさかの陽動振り飛車(陽動向かい飛車)だった。 三間飛車関連の将棋ではないので取り上げるつもりはなかったが、終盤戦で…

将棋倶楽部24最高レーティングは、いつ10000点を超えるのか?

pameus氏、24最高レーティング記録を更新 2009/05/27、pameus氏が将棋倶楽部24でレーティングを3151点まで伸ばし、最高レーティング記録を更新した。 これまでの最高記録は、2009/03/28にyomoni-氏が記録した3129点だったので、わずか2ヶ月で22点も記録…

ソーシャル翻訳とコンテンツの関係

「みんなで丸ごと英訳」プロジェクトに関連して、興味深い記事の紹介と、所感を少し。 TEDのオープン・トランスレーション 米国では、Technology、Entertainment、Designの頂点を極める者たちのカンファレンス「TEDカンファレンス」が、毎年春に開催されてい…

「シリコンバレーから将棋を観る」書評と、英訳プロジェクトに触発されて英語ブログを開始

サイン会に参加してきた さる5月13日に八重洲ブックセンターで行われた、梅田望夫氏(id:umedamochio)の著書「シリコンバレーから将棋を観る -羽生善治と現代」のサイン会に参加してきた。シリコンバレーから将棋を観る -羽生善治と現代中央公論新社 2009-0…

ARなるぞうくん(2)「撮影風景解説」

引きの撮影映像を紹介 Webカメラ、モニタ、盤面が映るような、引いたカメラワークで撮影し、解説を加えてみた。前回(1)を見て、何が何だかよくわからなかった方も、この映像なら理解しやすいのではないだろうか。 なお、この撮影は、所有している普通の携…

「三間飛車のひとくちブックマーク」終了

人力調査は手間がかかる 捨てる神あれば拾う神あり、ではなく、始めるサービスあればやめるサービスあり。 2008/04/15のエントリー「将棋ネタのためのソーシャルブックマークの活用法」*1で紹介した、「三間飛車のひとくちブックマーク」の更新を終了するこ…

「三間飛車の棋書まとめ」開設

三間飛車関連書籍をまとめました 先月「三間飛車のひとくちメモ 更新履歴帳」のほうでもお伝えした通り、私の運営している「三間飛車のひとくちメモ」の中に、「三間飛車の棋書まとめ」というページを開設した。三間飛車の棋書まとめ via kwoutここを見れば…

「定跡書で知ったかぶり」は通用するか

「検索で知ったかぶり」は通用するか 2003年あたりにGoogleが誕生して以来、インターネットの使い方が劇的に変化したのは間違いない。知りたい情報について、適当な(ある程度アバウトでも大丈夫)キーワードでWeb検索すれば、手軽に充実した情報を入手でき…